〒615-8262 京都府京都市西京区山田四ノ坪町1-6 電話相談 075-393-1550 田尻司法書士事務所へのお問い合わせはこちら

田尻司法書士事務所の業務日誌」

「らいとすたっふブログ」とは一味違う司法書士の毎日をお伝えします。

会社の印鑑を作らなければなりませんか?(類似商号調査をしてからに)

カテゴリ: 会社設立 — 田尻司法書士事務所 2013/08/21

会社の印鑑として新しい印鑑を作らなければならないわけではありません。

会社の代表印として法務局に登録する印鑑(いわゆる会社の実印)は、今現在持っている個人の印鑑を使ってもかまわないのです。

しかし、個人の印鑑と会社の印鑑が同じでは、混乱が生じることもありますし、管理の面からもお勧めできません。
実際には、ほとんどの方は、新たに専用の印鑑を作成されます。
会社の名称が決まっているのなら、すぐに作成しても構いませんが、田尻事務所では設立しようとする会社の商号に似た商号の会社がすでに登記されていないか(類似商号)をあらかじめ確認してから作成してもらうようにしています。

会社法施行後、いわゆる類似商号の取扱いについては、同一の住所かつ同一の商号でない限り登記自体はできるようになりましたが、許認可業種の場合には類似商号が禁止される場合があったり、不正競争防止法を根拠に損害賠償請求や商号使用の差し止め請求の訴えを起こされる可能性もあります。

登記できることと、その後に生じる問題を未然に防ぐことは別の問題です。

 

ブログ記事に関するお問い合わせ・ご相談

電話相談 075-393-1550 田尻司法書士事務所までお気軽にご相談ください

カレンダー

2013年 8月
« 7月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

ブログ内検索

  • 最新記事

  • 京都市の戸籍のコンピュータ化について(平成26年10月現在)
  • 「資本金」は、いくら用意しなければいけませんか?会社設立後につかうことはできますか?
  • 会社の印鑑を作らなければなりませんか?(類似商号調査をしてからに)
  • 設立する会社の本店所在場所に自宅を登記することは可能でしょうか?
  • 「株式会社A」「A株式会社」どちらが正しいのですか?(前株か後株かという問題)
  • アーカイブ

  • 2014年 10月 (1)
  • 2013年 10月 (1)
  • 2013年 8月 (3)
  • 2013年 7月 (2)
  • 2013年 6月 (2)
  • 2013年 5月 (12)
  • 2013年 4月 (1)
  • 2013年 3月 (1)
  • 2013年 2月 (3)
  • 2012年 9月 (2)
  • 2012年 8月 (4)
  • 2012年 7月 (1)
  • 2012年 2月 (2)
  • 2011年 8月 (2)
  • 2011年 2月 (2)
  • 2010年 8月 (1)
  • 2009年 10月 (1)
  • カテゴリー

  • 会社設立 (5)
  • 日々の業務から (16)
  • 相続 (5)
  • 相続放棄 (4)
  • 相続(遺産分割) (3)
  • 遺言 (10)

  • 債務整理・過払いの田尻司法書士事務所HPはこちら 相続・遺言専門サイトはこちら 携帯サイトへはQRコードからアクセスして下さい