〒615-8262 京都府京都市西京区山田四ノ坪町1-6 電話相談 075-393-1550 田尻司法書士事務所へのお問い合わせはこちら

田尻司法書士事務所の業務日誌」

「らいとすたっふブログ」とは一味違う司法書士の毎日をお伝えします。

相続とは。

カテゴリ: 相続 — 田尻司法書士事務所 2010/08/31

田尻司法書士事務所に勤務する新人司法書士が日々の業務を通じて垣間見た司法書士の仕事について記すコラムです。皆様に相続登記や司法書士の業務を知っていただくための一助となれば幸いです。

 

 人はその生涯で、種々の経済活動を行い、幾ばくかの財産を築きます。また、幾ばくかの義務を背負うこともあるでしょう。月日は流れ、人は老い、悲しいかな、やがて、その生涯は幕を閉じます。

 

 ここで、素朴な疑問が生まれます。
“亡くなった人の財産は誰のものになるのだろう。また、亡くなった人の背負っていた義務は誰が背負っていくのだろう。”
 法律は、次のように規定しています。

相続は死亡によって開始する。(民法882条)

相続人は相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。(民法896条)

平たく言えば、『亡くなった人の財産は、亡くなった時から相続人の財産になる。亡くなった人の背負っていた義務は、亡くなった時から、相続人が背負っていく。この現象を民法では、“相続”と呼ぶ。』ということです。

 

 我々、司法書士が主に専門的能力を発揮するのは、亡くなられた方の財産の中に、不動産が含まれている場合です。
亡くなられた方の名義の不動産を相続人の名義に変える手続き、これが相続登記です。
 次回は相続登記について、具体的にご説明したいと思います。

ブログ記事に関するお問い合わせ・ご相談

電話相談 075-393-1550 田尻司法書士事務所までお気軽にご相談ください

カレンダー

2010年 8月
« 10月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ブログ内検索

  • 最新記事

  • 京都市の戸籍のコンピュータ化について(平成26年10月現在)
  • 「資本金」は、いくら用意しなければいけませんか?会社設立後につかうことはできますか?
  • 会社の印鑑を作らなければなりませんか?(類似商号調査をしてからに)
  • 設立する会社の本店所在場所に自宅を登記することは可能でしょうか?
  • 「株式会社A」「A株式会社」どちらが正しいのですか?(前株か後株かという問題)
  • アーカイブ

  • 2014年 10月 (1)
  • 2013年 10月 (1)
  • 2013年 8月 (3)
  • 2013年 7月 (2)
  • 2013年 6月 (2)
  • 2013年 5月 (12)
  • 2013年 4月 (1)
  • 2013年 3月 (1)
  • 2013年 2月 (3)
  • 2012年 9月 (2)
  • 2012年 8月 (4)
  • 2012年 7月 (1)
  • 2012年 2月 (2)
  • 2011年 8月 (2)
  • 2011年 2月 (2)
  • 2010年 8月 (1)
  • 2009年 10月 (1)
  • カテゴリー

  • 会社設立 (5)
  • 日々の業務から (16)
  • 相続 (5)
  • 相続放棄 (4)
  • 相続(遺産分割) (3)
  • 遺言 (10)

  • 債務整理・過払いの田尻司法書士事務所HPはこちら 相続・遺言専門サイトはこちら 携帯サイトへはQRコードからアクセスして下さい